学生がクレジットカードを使いすぎてしまう4つのパターンと、その解決策・防止策まとめ。借金地獄は勘弁!


クレカ自体が信用による「前借り」であるという認識が大事

クレジットカードはどうして後払いができるのかご存知ですか?

クレジットカードを使うとカード会社がお店に支払いをします。その後、カードの名義人がカード会社に支払いをするという仕組みです。要するにカード会社が自分の代わりに支払いをしてくれるわけです。

それって借金じゃないの?!その通り、クレジットカードは現金を借りるわけではありませんが借金とも言えます。

借金の定義は「お金を借りる」ですが、クレジットカードの利用枠も現金と同じ価値であることから借金という認識を持っておくことは大事です。

これから初めてクレジットカードを作る学生の方は使い方に注意をしておきましょう。注意すべきことはたった1つ、それは「使い過ぎないこと」です!

注意その①・ネットショッピングで買いすぎない

最も使い過ぎに注意をしておきたいのはネットショッピングです。

Amazonや楽天市場など、今は街中へ出かけなくても欲しい物を購入できる時代です。しかも、クレジットカードを持つとカード情報を登録するだけで、後はクリックで買い物が完結します。

どうしてネットショッピングはカードを使い過ぎるの?

ネットショッピングでクレジットカードを使い過ぎてしまう理由はとてもシンプルです。

みなさんはインターネットで買い物する時、自分が欲しい商品をネットサーフィンしながら探しませんか?つまり、ネット上は自分が欲しい商品をスムーズに見つけることが出来てしまうわけです。

欲しい商品が見つかると物欲センサーが作動しますね?ここで、自制心と物欲センサーの闘いが始まるわけです。

「どうせ後払いだし買うか!」VS「欲しいけど支払いが大変だからやめよ・・・」、みなさんの葛藤はどちらが勝つでしょうか?

注意その②・お金がない時は出かけない

ネットショッピングと同様に街中の店頭でも使い過ぎの危険は潜んでいます。

いろんなケースがある中でも、お金がない時に友達と買い物に行くのは危険度が高いです。自分一人で買い物する場合、買うかどうかで迷っても思い留まれることがあります。しかし、友達と買い物に行くと「買っちゃいなよっ!」の一言でカードを使ってしまうことがあります。

お金がない時は友達と一緒に買い物へ出かけるのはやめておきましょう・・・。

注意その③・スマホ課金でガチャ禁止

スマホはクレジットカード情報を登録することができ、カード情報を登録するとパスワードの入力だけでアプリの購入やアプリ内課金が可能となります。

スマホにおけるクレジットカードの使い過ぎもいろんなケースがありますが、ガチャの為にカード決済から課金するのはやめておきましょう。

ガチャって確率が明記されていないゲームもありますね?高額課金しても当たらない、これは社会問題としてクローズアップされることもあります。

ガチャのためにクレジットカードを使ってはいけない理由は歯止めが利かないからです。一種のギャンブルであることは明白であり、一度課金をすると結果を出すまで続けなければ損という考えが働きます。

ガチャはギャンブルであり当たらないのが常識、こうした認識を持っていない方は課金をしない方が良いかもしれませんね。

注意その④・キャッシング機能は使わない

クレジットカードにキャッシングを付帯させると、現金を借りられるようになります。

ショッピング枠を使い過ぎてもキャッシング枠を使い過ぎても、基本的には借金地獄へ到着できます。ショッピング枠だけは安全と思っている方は注意をしておきましょう。

簡単にクレジットカードの返済方法を解説しておくと、カードを使い過ぎると「リボ払い」を利用することになります。リボ払いはショッピング枠でもキャッシング枠でも仕組みは同じであり、違いは利率のみです。

三井住友デビュープラスカードの場合、ショッピング枠のリボ払い利率は15.0%、キャッシング枠の利率は18.0%です。ショッピング枠よりもキャッシング枠の利率が高いので、そのまま単純に利息が高くなると覚えておきましょう。

返済時はいくらの利息が掛かるのか?利息を把握することは大事ですが、もっとシンプルに借りた金額をどのくらいで返せるのか?ここを考えましょう。

5万円をキャッシングして月々1万円を返済するなら、およそ5ヶ月で完済できます。キャッシングとは別にショッピングで5万円使っているなら、こちらも同様に月々1万円ならおよそ5ヶ月で完済です。2つを足すと月々2万円の返済となり、それぞれの利息計算から利息が上乗せされるので実質は6ヶ月から7ヶ月ほどを見ておく必要があります。

実際にクレジットカードで借金まみれになりますと、意外なことに利息は気になりません。利息を考えたところで返済が追い付かないからです。また、多重債務者はショッピング枠を満額使ってからキャッシングに辿り着く傾向があります。

最後の砦としてキャッシングに辿り着いたら、いよいよ本格的にやばいです!単純計算で良いので、完済目途を立てることから始めましょう。

カードの使い過ぎの防止策はない

①:限度額を最低にしておく

持っているクレジットカードの限度額を最低ラインまで下げます。カードによっては5万円まで下げられるでしょう。とはいえ、学生はほとんどのカードで10万円など少額の限度額に設定されているはずなので抜本的な解決にならない可能性があります。

②:財布に入れず、持ち歩かない

外で使ってしまう人には特におすすめです。小さな金庫などを自宅に用意して、そこに入れておくといいでしょう。家でも使うときは金庫から出すというひと手間があるため、「冷静に戻るまでのタイミング」があります。

③:意志の強さを保つ

クレジットカードを使い過ぎてしまうことに対する根本的な防止策はありません。色々と防止策を提案することは可能ですが、基本的にカードの使い過ぎというのは「欲求」からくるものなんですね。

ダイエットに例えると分かりやすいでしょうか。数日は食事を我慢することができても、1週間ほど経つと限界がやってきますね?「物欲」というのは人が生きる上で必要な欲求の1つであり、物欲が湧くのは当たり前なんです。クレジットカードの使い過ぎを防止するためには「いかに欲求を抑えられるか?」結局はこれしかありません。

推薦はできないが借金地獄を味わうと分かる

借金地獄の辛さは味わうと良く分かります。幸いにも学生のみなさんが借金地獄にまみれても、クレカの利用枠自体が少額なので十分に自力で完済できます。キャッシングを含めても30万円や40万円ほどでしょうか?

絶対にオススメはできませんが、欲求を制御できない方は一度借金地獄を体験してみると将来的にはプラスになるかもしれません。筆者の経験から言うと、社会人で借金まみれになるよりも学生で借金まみれになる方が人生を再生しやすいです。

社会人になるとクレジットカードの利用枠も高額になり、各種ローンで融資を受けることも可能になってきます。高額なお金を借りられる状況で借金にまみれると、収入だけではどうすることもできなくなることがあります。

欲求との闘いは学生も社会人も関係ありません。学生で欲求に負ける方は社会人になってからも負ける可能性があるわけであり、どうしても欲を抑えられない方は今の間に借金の辛さを肌で感じておくのは将来的にまだ救いがあります。

借金地獄はどんな感じ?

筆者は学生のみなさんが借金地獄に陥らないことを強く願っています。借金に追われると自然と交友関係が減り、心の余裕も知らない間になくなっています。せっかくのキャンパスライフが台無しになるため、若くして借金に追われるのは本当に避けて欲しいと思います。

ここからはとある友人の借金地獄を紹介していくので、クレジットカードを使い過ぎるとこうなるよ!という1つの参考にして貰えたら幸いです。

クレカ100万円・・・完済に2年

友人の借金地獄は20代半ばごろ、借金地獄へ墜ちた理由は「失恋」でした。

当時、筆者は本気で好きになった人がいました。その方は離婚経験が4回あり、4人の子供がいました。詳しい内容は省略しますが、想像通りです。この状況下で結婚する勇気がなく自滅から失恋したという話です。

筆者は失恋して傷ついた心をお金を使うことで癒しました。欲しい物をカードでガンガン購入し、物欲を満たすことで心を癒したんですね。2ヶ月でカードの満額100万円を簡単に使い切り、返済に追われることになりました。

さて、カードを使って心が癒されたのは良いものの、返済はきつかったです。毎月、5万円の返済で約2年ほど掛かったと思います。

金額だけを見ると月々5万円なら何とかなると思いますね?しかし、毎月の収入から税金などの固定費と借金5万円を差し引くと、手元にお金が残らないんですね。当時の収入は20万円ほど、家賃の支払いや光熱費の出費が重くなり、借金地獄から3ヶ月ほどで実家に帰りました。

実家に帰ると親に頼って家賃や光熱費が浮いたので、このおかげで2年で完済できました。

借金に追われると本当にお金がないので、友達と遊ぶことも少なくなります。また、とにかく気が重くなるので心に余裕がなくてイライラしている日が多かったようにも思えます。

また、友人は上記のような経験があることからも悲しい状況下になった時やストレスを感じた時にお金を使う癖が今でもあるとのことです。これを借金癖と言うわけですが、借金地獄から解放されても癖が残ることは覚えておいてください。

いろんな意味でメンタルって大事ですね・・・。

借金地獄の解決策

筆者の借金地獄のストーリーは他にもあり、クレジットカード100万円以外にもカードローン150万円やクレカキャッシング30万円などもあります。

借金地獄の解決策というのは返済計画を立て直すことがセオリーです。そのやり方は自分の収入と絶対的な月々の出費を計算して、余剰資金を算出するやり方です。余剰資金をすべて返済額に充当すると、完済時期が早くなります。これが基本です。

しかし、経験から言うと「完済する?諦める?」、ここを最初に決めることが一番大事です。一旦、完済を諦める場合は2つの解決策があります。

心が折れたら債務整理しかない

借金を完済するのはとても大変であり、途中で心が折れることも多いです。

もう返済するのは絶対無理!そんな時は債務整理するしかありません。

債務整理をするなら法律事務所へいって現状の借金を説明してアドバイスを受けましょう。後は弁護士の腕次第であり、訴訟に発展していない限りは今の状況よりは改善されます。

完済は諦めるが債務整理はしない・・・!

これは一般的な借金の返済方法ではなく、絶対に利息で損するのでオススメはできません。しかし、完済はしないと決め打ちしている方にとってはポジティブになれる返済方法です。

借金を背負うとリボ払いを活用すると思います。リボ払いは利息が高いので少額返済すると元金が減りません。それを分かった上で最少額の返済額に設定して、後はずっと放置します。

多重債務になると、月に1万円だろうが2万円だろうが借金の減り具合に大差がありません。少しでも返済額を上げるというのはセオリーですが、それでも完済までに2年や3年と掛かるわけです。

どうせ完済までに時間が掛かるなら損を承知で余剰資金をプライベートに使うという方法です。最終的にはどうするのか?これは借金と同額の貯金を目指します。

貯金ってある程度お金が貯まると不思議なことに貯めやすくなります。ここで余剰資金をプライベートに使い過ぎると、本当に完済できません。しかし、貯金に成功すると途中で完済する意志が出始めると思います。

また、この方法がそれなりに功を奏した場合、収入と返済の力関係が逆転していることが多いです。

多重債務者ならではの考え方・利用枠復活=貯金という感覚

他の方法としては、返済をすることで利用枠に空きがでる、返済をするほど借金が出来るという考え方もあります。

これは一般的に言うと「え?」ってなりますが、そもそも完済を諦めてリボ払いで放置するなら返済した金額の利用枠はまた使えると思う方がポジティブになれます。

遅延はしないこと!これが鉄則です!

筆者は借金が色々とありましたが、遅延行為をしたのは1回だけです。

基本的に完済せずに債務整理で破産するなら遅延行為をしても良いですが、債務整理をせずに完済する気もない場合は遅延行為は絶対にNGです。これをやると結局は債務整理をすることになります。

遅延行為をすると状況によってはカード利用停止となるわけですが、完済がどれだけ先でもカードを使えないのは痛いです。返済の中でお金が苦しくなることもあります。そんな時に返済で少し空いた利用枠に救われることがあります。

借金生活で必ず思うこと「借金がなければなぁ・・・」

クレジットカードを使い過ぎて借金地獄に墜ちますと、必ず欲求を制御すべきだったと後悔します。

これは借金を作る前の段階でも分かっていることですが、人の物欲や欲求というのは怖いものです。後から苦労することが分かっていても、目先の欲求を優先してしまうことがあるんですね。

借金生活を送らないための防止策はないと言いましたが、1つの方法を挙げるとすれば「借金生活を本気でシミュレーションすること」です。

自分の収入を超えたレベルでカードを使い過ぎると、月々の返済額がどうなるのか?そして、毎日の生活でどのくらいお金を使えるのか?こうした部分をリアルにシミュレーションしてみると地獄絵図が見えると思います。

まとめ

  • クレジットカード自体が借金である。
  • ネットショッピングは使い過ぎることが多い。
  • 金欠時は買い物へ行かないこと。
  • スマホ課金はほどほどに。
  • ショッピング満額からのキャッシングは借金地獄の入口。
  • 使い過ぎの防止策はない。精神論から思考を変える、お金の掛からないことにセンサーを張るなど。
  • 借金地獄は想像以上に辛い。人によっては性格が変貌する。
  • 借金地獄の解決策は決め打ちが大事。セオリーが通じないのが多重債務の怖いとこ。

一般的に借金はネガティブなイメージがありますが、長い人生の中で借金をしない人の方が少ないかもしれません。「住宅ローン」や「自動車ローン」、これらも借金です。

しかし、クレジットカードやフリーローンの借金は使い道が自由であり、利用枠を繰り返し使えるところに怖さがあります。

金融商品の中でも審査が緩いですが、逆に扱い方が最も難しい商品でもあります。クレジットカードを使う時は計画を立てて使い過ぎないこと、この当たり前のことを実践することがとても大切です!


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルーアメックスカード
【3位】ライフカード

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link